東京オリンピックに参加しませんか?

スポンサードリンク




こんにちは。
フリーアナウンサーの白石理央です。

昨日は、初めて東京都庁に行ってきました!

東京オリンピック・パラリンピックに関する気になることがあったので、
現場取材です。

現場で、見て、聞いて、感じたことを伝えたい!!!
お付き合いください。
そして、一緒に、東京オリンピック・パラリンピックに参加しましょう!

 

東京オリンピックに参加する方法

東京オリンピックまで、1000日を切りました~!

(2017年11月18日 土曜日の写真です・)

正直、まだ、あまり実感はないですよね。

オリンピックに少しでも関わりたいなーと思っていると、
あるプロジェクトを見つけました!

東京オリンピックに関われるチャンスが、誰にでもある!!!
と聞いたので、早速わたしも参加しようと、昨日、東京都庁に行ってきました!!

 

東京オリンピックの参加に必要な物

この写真、何か違和感、ありますか?

 

「東京オリンピック・パラリンピックのマークが・・・違う???」

 

いやいや、都庁にあった公式の看板なので、それはないです!!!

 

「携帯電話のモデルに挑戦することになった!!!」

・・・・
残念ですが、違います。
白戸家の一員になりたいですけどね、白石家ですしね、わたし。

 

そう!違和感は、携帯電話!!!

久しぶりに、持ちましたよ。ガラケー。
この手に収まる感じ、懐かしい。
でも、なんだか、小さすぎる気がしました。
最初、スマートフォンを持ったときは、「何これ?大きい!」って思ったのに、
慣れって怖いですね。

 

使っていない携帯電話や小型機器を回収

このプロジェクトでは、東京オリンピック・パラリンピックで実際に選手に渡される「金・銀・銅」メダル、およそ5000個を制作する予定です。

もう使わなくなった携帯電話や壊れたデジタルカメラなど、家に眠っているままのものはありませんか?
それを新しい命、しかも、オリンピックのメダルの一部という素晴らしいものに生まれ変わらせることができます。

あなたが使っていた携帯電話やデジタルカメラの一部が、2020年、頑張った選手に届くのです。

リサイクル金属を再活用するという環境にも配慮した画期的なプロジェクト。

メダルの一部にリサイクル金属を使うということは、これまでにもあったようですが、メダル制作を目的に、開催国の国民が協力するというのは世界初だということです。

まさに、みんなで作り上げていく東京オリンピック・パラリンピックですね。

個人情報などは大丈夫?

携帯電話は個人情報がたくさん詰まっているから、少し心配ですよね。
写真データなどは、各自でSDカードなどに移したうえでリセットしましょう。

そして、係りの方に手渡すと・・・

さらに!回収ボックスに入れる前に

ガッチャン・・・!!!

携帯電話自体にも、穴をあけましたよ!

係りの方の躊躇ないガッチャンに、
お~!!と思わず声が出てしまいました。

ちょっと寂しい気もしましたが、新しい命となってメダルとして輝くことができるなら、携帯電話の部品も喜ぶかなと思いました。

バラバラにされて、
中身の使えるところのみを回収するとのことです。

 

いざ、投函!これで私も東京オリンピックに参加

さあ、いよいよお別れのときです。

メダル協力ボックスの中に、無事入れました!

係りの方にお話を聞くと、若い年代の人が、少ないそうです。
若い人の方が、携帯電話を持ってそうだから、協力してぜひ東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げてほしいとおっしゃっていました。

わたしは、なんだか一気に、東京オリンピック・パラリンピックに親近感がわきました♪

どこで回収しているの?

今回、わたしは東京都庁を訪れましたが、全国のドコモショップと各自治体にも回収場所はあります。

受付日時など、詳しくは、みんなのメダルプロジェクト専用サイトより、ご確認ください。

 

協力者には、限定のプレゼントが!

そして、なんと参加者には、限定のプレゼントがあります。

感謝のカードと東京2020オリンピック・パラリンピックのマグネットバッジです。

東京でオリンピック・パラリンピックが開かれるからには、何か関わりたい!
そんな風に考えている人も多いと思います。

まずは、このプロジェクト、オススメです!
リサイクル活動に協力した延長上に、東京オリンピック・パラリンピックがあります。

まだまだ募集しているみたいなので、ぜひ行ってみてくださいね。

 

Follow me!

スポンサードリンク