幸せに包まれた最高の瞬間

スポンサードリンク




こんばんは。
フリーアナウンサーの白石理央です。

昨日は、高校時代の同級生の結婚式でした。

本当に素敵な時間でした!
感想を書きだしたら、止まらなくなりそうです。
友達はいつもに増してかわいくって、何よりも幸せそうでした!

会場全体が笑顔で溢れていました。

わたしたちは、高校時代の濃〜い思い出も蘇り、
懐かしさにも浸って、途中、もらい泣きをしそうになりました。

今日は、ちょっと結婚式の話です。

 

スピーチに苦手意識はありませんか?

結婚式などの大人数の前でのスピーチ。
頼まれることもありますよね?

できることなら、したくないな・・・と考えている人も多いのではないでしょうか?

やりたい!得意!という人の方が、少ないと思います。

スピーチの上手い、下手はありますが・・・。
結婚式のスピーチにおいては、時間もかなり大事です。

結婚式の司会をすることがあるのですが・・・
最初のお祝いのスピーチで、15分間くらい話す方もいました。

まだ始まったばかりの披露宴・・・。

時間には限りがあるので、どこかで時間を短縮しなければならない。
司会者は、心の中で青ざめます。

さらに、5分以上のスピーチになると、座っている人の顔がだんだんと暗くなってきます。

「はやく乾杯しようよーーーー」という心の声が聞こえだします。

だから、結婚式披露宴の最初のスピーチの目安は、大体5分・・・・・。

いや、5分以内!!!

理想は、3分で組み立てておいて、会場の反応を見ながら付け足してほしいです。

ちなみに、
今回スピーチをされた上司の方は、かなりお上手でした。

スピーチし慣れているのと、きっと会社でも部下に熱く話す方なんだろうなと思いました。

会場を満遍なく見渡しながら、緊張している様子も無くて、会社でのいいエピソードをわかりやすく丁寧に話してくれました。

スピーチは、本番だけ上手くできる!なんてことはありません。
練習が必要です。

スポーツ選手がトレーニングをするように、何度も練習した方が上手くなります。
上達します。

アナウンサーも、実際に外の現場から中継を行う際、何度も練習します。
時間が許す限り、ひとりごとのようにつぶやいています

 

オススメのスピーチ練習法

オススメのスピーチの練習法は、自分の声と話している内容を自分で聞いてみることです。

できれば人に聞いてもらうのがいいですが、そんな時間ないよという方、
自分ひとりでなら、好きな時間、隙間時間にでもできますよね?

最近は、ほとんどのスマートフォンにボイスレコーダー(録音機能)がついています。

ぜひ、音声を録音してみてください。

可能な方は、動画を撮影してみるのもいいと思います。
ちょっと恥ずかしいと思いますが、すべては、結婚式の2人を祝福するため。

音だけでなく、話している雰囲気も客観的に見て、披露宴会場でスピーチしている自分を先に想像しておけば、緊張も少しは軽減されると思います。

わたしは、よくイメージトレーニングをします。
いいイメージができていたら、それに近づく気がして。

緊張しやすい方は、ぜひ、やってみてください。

 

高校時代の友達を余興で祝福

今回は、高校時代のメンバーで新婦を喜ばせたい!と6人で余興をすることにしました。

テーマに選んだのは「永遠の愛」

去年、世界的に大ヒットした映画「美女と野獣」のBeauty and the Beastで踊りました。

新婦には、内緒で、新婦のご両親にも、一部、一緒に踊っていただきました。
とってもノリの良い優しいご両親でよかったです。

新婦は、かなり驚いてくれました!!!
きっと、成功?!

そして、最終的には、新婦も踊りに参加・・・。
これは、新郎のためのサプライズで、新婦はこっそりと練習していました。

そうとは知らない新郎を最後に巻き込み、輪の中へ。

会場の照明や小道具を渡すタイミングなど、
ハプニングも色々とありましたが、なんとか無事(?)終わりました。

あっという間でした。

余興でダンスをすることは、これまでも何度もありますが、
今回のように、しっとりの曲でするのは初めて。

盛り上がるっていう感じの曲ではなかったんですが、
3組の美女と野獣ペアで「愛」を伝えるために、頑張りました。

「永遠に幸あれ」という気持ちが伝わっていれば、うれしいな。

フリーアナウンサー
白石理央

 

 

 

 

 

Follow me!

スポンサードリンク