アナウンサー試験 自己PR動画対策

スポンサードリンク




ハッピーハロウィーン♪
フリーアナウンサーの白石理央です。

どーもくんもハロウィーンバージョンに?!

今日も、渋谷の交差点は、仮装をしている人で大混雑でしたね!

わたしは、土曜日にちょっと早めのハロウィーンパーティーをしたので、今日は仮装せず、真面目に、お仕事でした。

アナウンサー試験を受けている大学生と向き合ってきました!!!

 

アナウンサー試験、主流は動画審査?!

わたしの就職活動時代と変わったこと。

それは、アナウンサー試験の第一次審査です。
エントリーシートだけではなくて、動画審査を始めた局があること。

去年、大学生から相談を受けて、初めて知ったときは、思わず・・・
「うわー、動画かぁーーー。」と、現役アナウンサーであるにも関わらず、心の声を漏らしてしまいました・・・。

その声を聞いた、これからアナウンサー試験を受ける大学3年生のわたしを見つめる不安そうなまなざし・・・

『うん、どうにかしよう!!!!』 そう思いました。

 

TBSもテレビ朝日も!?アナウンサー試験は動画審査

ちなみに、今日のレッスンでは、TBSに向けた動画を撮影する予定でした。
昨日の時点で。

しかし、ちょうど、テレビ朝日アナウンサー職採用も始まり、動画が必要だとわかりました。

だから、時間内に撮れるのなら一緒に撮ってしまおうと提案しました。

秒数は、若干違いましたが、アレンジを加えて『一石二鳥作戦』で行きます!

これが、個人レッスンのいいところだと、今日改めて、実感しました。

時間内なら、OKですよ~。
大人数のアナウンススクールではできないことをやりたいと思っています。

オーダーメイドのレッスンだから、スケジュールは自由自在。
多少の要望なら、ぐぐぐっと力づくで、入れます。

多少の要望なら・・・ね。

さて、今日の動画撮影で感じたアナウンサー試験の動画対策ポイントをいくつか挙げてみます。

 

メイク・服装はもちろん、場所・時間も重要

まずは、第一印象。

テレビ局には、全国各地から、アナウンサーになりたい子の動画が届くはずです。
それを見るテレビ局側は、大変だと推測します。

最初に入ってくる見た目の情報は、大事。
そのままを受け取ります。
清潔感、元気さ、そのままテレビに出してもいいかどうか・・・

メイクも。派手過ぎず薄すぎず・・・
いわゆる「女子アナメイク」と言われますが、目元はパッチリ、口紅は濃すぎず・・・。

服装は、顔が映える白、元気に見える原色カラーなどがオススメ。
どうしても、黒や茶色、グレーなどは、肌がくすんで見えてしまいます。
カラーでイメージも随分変わりますので、似合うって言われるカラーや自分が着ていてテンションが上がる色がいいかなと思います。
柄物やドット、ボーダーなどは、あまりオススメではありません。
言葉を伝えたいのに、余計な情報に興味がいってしまっては、もったいないから。

そういう意味で、場所も大切。
静かな場所で、背景がシンプルな場所。

雑音が入っていたら「今の音、何?」って気が散ってしまいますし、
場所も、変わった場所やアーティスティックなオブジェなどが背景にあっても気になります。
そのオブジェのことを説明したいなら、その場所を選んでもいいと思いますよ。

でも、他にいい場所がないか、吟味して撮影しましょう。

ちなみに、今日は、
室内の白い壁の前で、午前中の自然光を利用して撮影しました。

個性を光らせるあるアイテムも使用しました。

わずか、30秒、45秒が勝負の動画審査

最後まで、見てくれていると信じたいですが、
最初の10秒で、勝負は決まっていると思って撮影しています。

 

その内容で大丈夫?伝わるのは1つだけ!

続いて、アナウンサー試験の動画審査、内容のこと。

自己PR動画、あれもこれも伝えたい!伝えなきゃ!

もちろん、そうなる気持ちはわかります。

でも、実際にテレビで流れている5分のリポートの企画でも、伝えるテーマは1つです。

アナウンサー試験の動画審査の「1分、45秒、30秒」なら、なおのこと。
1つのことしか、伝えられません!

しかも、動画を見るのは、あなたのことを何も知らない初めましての面接官。

ぎゅっと詰め込んで、早口になるのももったいない。
きちんと、しっかりと、1つのエピソードを伝えましょう。

だからこそ、下準備で何を伝えるか、考えておくことは大切。

 

きれいな文章にして丸暗記では、伝わらない!

去年も、何人かのアナウンサー志望の大学生の動画を見ました。
一番多かったのは、これ。

「はい、わたし丸暗記しています!!!」感が出てしまっている自己PR動画。

これはね、残念ながら、初めて見る面接官には、話が全く入ってこないパターン。

一生懸命、頑張っているなというのは伝わると思う。
必死さ。
なんか頑張って伝えている感じ。

でも、これももったいない!!!

伝える気持ち、忘れていない???

カメラに向かって話しているけど、カメラに伝えたいわけじゃないよね???

カメラの向こうにいる人、面接官に、伝えないといけないですよね?

その気持ちを忘れずに!

文章は書かずに、キーワードで構成していくのがオススメです。

 

言い出したら、まだまだポイントはあります。
今日も、滑舌も注意しましたし、名前・大学名も言えているようで言えていなかったりします。

わたしも苦い経験あり。(詳しくは、こちらの記事に書いています。)

でも、練習すれば必ず改善されます!

自分で納得したものを出しましょう。

 

そして、エントリーシート・動画撮影は、締め切りにも、気を付けてくださいね。

質問は、お問い合わせから、お願いします。

 

白石理央

Follow me!

スポンサードリンク