アナウンサー試験 仕事

伝えたいこと、決まっていますか?

投稿日:

フリーアナウンサーの白石理央です。

これまで、たくさんのアナウンサー試験、インターン用のエントリーシートの添削や相談を受けてきましたが・・・

悩みのポイントで多いことをシェアしてみようかなと思います。

全ての人に当てはまるわけではないと思いますが、

少しでも参考になると嬉しいです。

軸が定まっていない!

ええと、まずは・・・

なんとな~くぼんやりと、無難に書いているエントリーシートが多いです。

そうではないのは、わかりますよ、もちろん。

だって、やりたい職種への応募のエントリーシートで、適当に書いている人は

1人もいないと思います。

でも、正直なところ、何が伝えたいのか、メッセージ性の弱いエントリーシートは多いです。

これはね、どんな自分を伝えたいのか、どんな自分だからアナウンサーとして働けるのか、

煮詰まっていないケースが多いです。

書きすぎor書かなさすぎ

手書きのエントリーシートの場合、文字がぎっしり・・・目が痛いし読みづらいという

書きすぎの方もいます!

たくさんのエントリーシートが目の前に並んだ時、手にとって読んでもらえるのはわずかな時間だと思ってください。

一文字一文字、丁寧には、読んでくれないと思っています。

なので、手書きの場合は、視覚的にも見やすくする工夫、相手が読みたくなる工夫が必要です。

一方で、書いてなさすぎな人もいます。

塩梅が難しいですよねー。

書かなさすぎな人の場合は、空白があるとかではなくて、一つの欄に、色んなことを書こうとしていて、並列が多く、具体例が全然ないパターンが多いです。

具体例が具体的でないと、会ったことがないあなたのイメージは浮かびづらいんです。

具体例が書かれていたとしてもそのエピソードのもっと深いところが聞きたいし、そこに個性が出て魅力があるのにな~と思うことが多いです。

具体的に書かれているか、時間をあけて、見直してみてくださいね!

見直す時は、自分のエントリーシートだと思わずに。

人のが、手元に来たと思って、見直してみてください。

書くスペースや文字数にもよりますが、

私は、基本的には、一つの質問欄に対して、ワンエピソードをオススメします。

ポイントは、具体的に書く!

一度、具体的に書いたものをまた自分で添削してより具体的にしてみる!

自分で何を伝えたいか決める!

最初に書いたことと少し重なりますが、

これが、意外とできてない子が多いです。

まずは、自分で『伝えたいこと』を決めないとね。

自分がどんな子だから、どんなことをしてきたから、アナウンサーに向いているのか。

アナウンサー職で採用するメリットがあるのかを示せていますか?

自分がどんな子なのか・・・わからないなら、自分で決めてみればいいと思うの。

自分の長所、いいところを自分でPRするって難しいことだとは思うんだけど、

具体例を用いて、うま~くPRするんだよ!伝えるんだよー!!!

間違っても

「私は、コミュニケーション能力があります。」とか

「私は、素直です」 とか

「私は、人を笑顔にできます」 など、ど直球で伝えないでね。

これらは、自分で言うことではなく、

具体的なエピソードを聞いた上で、

相手が判断することです。

・・・・・。

書いてて思ったんだけど、この話って文字だけで伝えるのは難しい~。

話して伝えたいな~。

話したほうが伝わる話だと思うから。

今、エントリーシートの相談ができるレッスンを受けたい方を募集しています。

詳しくは、こちらの投稿を見てみてくださいね。

気になる方は、今の現状や気持ちを書いた上で、ご相談くださいね。

ご連絡お待ちしています。

白石理央

Follow me!

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-アナウンサー試験, 仕事

Copyright© 伝え方・魅せ方で人生は変わる! , 2022 All Rights Reserved.