アナウンサー試験

アナウンサー試験、質問「大学は関係ない?浪人・留年でも大丈夫?」

投稿日:

こんにちは。
フリーアナウンサーの白石理央です。


今日は、アナウンサー試験の準備が始まるこの時期によく届く、この質問に関してです!


わたしなりに、これまでの経験から答えたいなと思います。

アナウンサー試験に大学名は関係ある?

今回のお悩み・質問は「大学名」に関して。

大学が原因で、書類で足切りされるのでは・・・?という不安や質問をこの就活が始まる時期に、よく聞かれます。

この質問に関しては、


「有名大学ではないから、書類が通らない・・・」


「大学が〇〇だから、落ちた」

ということは・・・絶対にないです!

落ちる原因は・・・

むしろ、他に、たくさんありますよ!!!

反対に、日本人なら、誰もが知っている東京大学の学生でもアナウンサー試験、書類審査で落ちることは多々ありますよ!!!

いずれにしても、

「アナウンサー試験の書類、ESが通らない」で悩んでいる場合、

大学名で、落とされているのではないです!

動画、写真、そして内容が問題です!

「大学名を言い訳にしないで!」と声を大にして言いたいです。

これまでも、どこかのブログで記事で書いているかもしれません。

これまでに、アナウンサーになるという夢を叶えられたわたしの生徒さんは、本当に色んな大学の色んな分野を専攻している子がいますよ。

既卒生もいます。

有名大学の子ばかりではありません!

分野も、家庭学科、児童幼児、音大、歯科大などなど・・・特殊な分野を学んでいて「なぜ、アナウンサーになるの?」というところから、スタートしています。

でも、大学や専攻分野に関係なく、キー局のアナウンサー試験の書類審査もインターンシップの書類審査も動画審査も通っていますよ!

最近は、動画審査が大事になってきていますので・・・

改善して改善して、やっと通った子もいます。

やっぱり、その時は、嬉しいですよね~。

報告が来たら、わたしもいつも泣いてしまいますー。

何回、撮りなおしたか・・・

その背景には、相当の努力がありますからね!

わたしもかなり辛口でアドバイスをしているから・・・

「インターンに通ること」「アナウンサーになること」を目標にしていては、エントリーシートの通過は厳しいと思います。

もっと、その先。

アナウンサーになって、どう活躍できるのかを考えています。

ちなみに、既卒生、社会人の方は、マスコミとは全く違う分野で働いていた人ばかりです。

携帯電話関連、通訳、観光、教育関係などなど・・・

みんな、一度は「アナウンサーになる夢」を諦めました。

でも、一度、社会に出たからこそ、もう一度、夢に挑戦したいと、わたしに連絡をくれて、一緒に頑張ってくれた方たちばかりです。涙

そこには、「すさまじい努力」があります。

覚悟があります!!!

大学名や経歴なんて、ほぼほぼ関係ないんです!!!

結論、

大学名は、関係なく、人による!

その人の努力、勉強、熱意によると思いますよ。

アナウンサー試験、浪人、留年は受からない?

「浪人しているんで、年齢が・・・」

「留年しているのですが・・・」

この質問も多いのですが、これも関係ないです!

年齢は、アナウンサー試験の応募要項に、〇年以降生まれと記載されている以外は、関係ないです。

キー局のインターンシップって、大学3年生の就活始まりの時期に挑戦する子がほとんどだと思います。

でも、中には、1年間、アナウンサー試験を受けて、やっぱり「キー局のアナウンサーになりたい」とあきらめきれず、4年生のときに再び挑戦する子もいますよ!

ガッツがありますよね。

3年生のときには、書類審査すら通らなかったけれど、1年間、自分を磨いてきて、4年生時には、キー局のインターンに行けた!という生徒さんも実際にいました!

他にも、キー局ではないですが、自分の行きたかった放送局に、2年目に、再挑戦して、合格した子もいます!

1年間努力をし続けるって・・・想像以上に、大変なことなんですよ!!!

叶えたい夢のために頑張った結果です。

結果は、後からついてきます。

結果を怖がって、努力しない・・・

結果が保証されていないから、努力できない人は、辛口ですが、夢は叶えられないと思います!

結果的に、優秀な大学の人が多い

夢を叶えるために、努力をするのは、当たり前です。

優秀な大学に入っている人は、大学受験のために、かなり勉強して、努力した人だと思います。

その成功体験があるので、努力の大切さを知っています。

諦めない、粘り強い人が多いです。

あとは、自分に必要な課題を客観的に見つけられる人が多いです。

今の自分の現状に満足せずに、何が必要かを考えて、前に進める人・・・

やはり、そういう人は、成功しやすいのは事実です!

なので、結果的にみると、優秀な大学の人が、夢を叶えてアナウンサーになっているパターンは多いと思います。

可愛くて、美人で機転が利く。

テレビには見えない裏側では、かなり努力をしている。

キー局のアナウンサーのイメージです。

出来ない理由、落ちる言い訳を探したくなる心理

人は、弱い生き物です。

自分に、本当にできるのだろうか。

わたしになんて・・・

と考えてしまい・・・

いつの間にか、できなかったときの言い訳を考えてしまいます。

脳がね。

思考が勝手にね。

でも、それって、脳に支配されている。

もったいない状態。

出来ないかもしれないから、努力をしなくなる。

成功している人は、かなり努力をしています。

その努力は、泥臭くて、人からは見えない場合が多いです。

必要なのは、「自分を信じて、前に突き進む力」

そりゃ、キー局の書類審査、動画審査、本採用もインターンも倍率は、かなり高いですよ!!!

努力しても落ちる人の方が多いです。

みんなが通る世界ではありません!

でも、努力の途中で、「落ちた時の言い訳」を探さないこと。

まず、それが第一歩かなと思います!

夢に向かって、努力することは怖いです、

叶う保証はないです!

でも、努力は、絶対に成長させてくれます。

夢を叶えた人も、同じ道を歩んでいますよ!

一歩、一歩、着実に。

進みましょう。

フリーアナウンサー
白石理央

Follow me!

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-アナウンサー試験

Copyright© リオログ , 2020 All Rights Reserved.