テレビニュースで心がけていること

スポンサードリンク




こんばんは。
フリーアナウンサーの白石理央です。

11月に突入して、今月は、毎日ブログを更新できればいいなって考えていたのに、初日から出来ませんでした。

なんて言うんだろう・・・

三日坊主までもいけていない・・・。

反省。
さて、気を取り直して。
今日は、ニュースの裏側をちょっとだけ。

ほんのちょっとだけ・・・。
希望があれば、もっと詳しく書きます。(たぶん)

 

ニュースキャスターの仕事

去年は、NHKのBSニュースを担当していました。
NHKのBS1です。
毎時50分から、10分間、その時間の最新のニュースをお伝えする部署です。
毎日、毎日、最新のニュースに囲まれた生活を送っていました。
朝の新聞チェックから始まり、夜のニュース番組チェックに終わる日々でした。

その1年前まで、わたしは、群馬県のNHK前橋放送局で働いていました。
夕方のニュース番組「ほっとぐんま640」のキャスターをしつつ、現場中継リポーターをしたり、インタビューアーをしたりと様々なことを経験させていただきました。
(詳しいプロフィールは、こちらです。)

わたしは、スタジオでニュースをお伝えするのも好きですが、外の現場に行くことも好きなんです。

BSで全国ニュースを担当しているうちに、まだスタジオの中だけに落ち着くことはできないなーという気持ちが芽生えてきました。

その正直な気持ちを上司に伝えた結果、今年は不定期で出演させていただくことになりました。

といっても、急にニュースを正確にわかりやすくお伝えすることは出来ないので、日々のトレーニングは欠かせません。
世の中の動きに取り残されないように、勉強は続けています。

 

ニュースを伝えるときに心がけていること

先月は、28日(土曜日)のBSニュースを担当しました。
内容に関しては、詳しく書けませんが、世界で注目されている最新のニュースをお伝えしました。

「ニュースを読むときに、心がけていることは何ですか?」と質問されることがあります。

いくつかありますが…

まずは、『誰に伝えるか』を考えています。
スタジオでは、マイクをつけて、カメラに向かって話します。
カメラは、黒い物体。無機質です。
定時ニュースのスタジオなので、カメラマンはスタジオの中にはいません。

 

でも、本当は、カメラの向こう側に、ニュースを聞いてくれている人が大勢います。

カメラにただ話すだけでは、それは伝わらないのです。

カメラの向こうで、座ってお茶を飲みながらニュースを聞いているおばあちゃんに「このニュースは、ここが大事でこういうことなんだよ」とニュースの大事な部分を説明するような気持ちで、伝えています。

特に、複雑な内容であればあるほど、自分の中でかみ砕いて、理解したうえで音にしようと心がけています。
ニュースキャスターが解釈を間違えると、変な文節で切ってしまい別の意味で伝わったり、何だかわかりにくいニュースだったという印象になったりします。

ながら作業をしながら、ニュースを聞いている人が多いと思うので、耳で聞いて、スムーズに理解できる音声表現を目指しています。

 

ちょっと真面目になりすぎたかもしれません・・・。

なので、もう1つ。

 

アナウンサーがニュースを伝えるときのメイク・服装

話すこと自体ではなくて、わたしはニュースを伝えるときのメイク・服装にもこだわっていることがあります。

それは、余計な情報を伝えないこと。

例えば、イヤリングやピアス。

規定は特にありませんが、
大きいものは雑情報になりますので、避けています。

特に、揺れるもの。

「揺れるイヤリングは可愛くて、デートにオススメ」なんて
女性雑誌には書かれていますが、ニュースを伝えるには、不向きです。

メイクも。
ニュースを伝えるのに、目元をラメでピカピカ光らせたり、
唇をウルウルさせたりする必要は、わたしはない!と思っています。

何でも、やりすぎは注意です!

主役は『ニュース』です。

『ニュース』を正確に伝えることが1番大事なお仕事です。

 

アナウンサー試験の自己PR動画撮影も同じ

アナウンサー志望の大学生は、自己PR動画の撮影もありますよね。
(動画撮影のことは、こちらの記事へ)
服装・メイクなど、必要以上の雑情報が入らないようにしましょう。

もちろん、それを伝えたいなら別です。
例えば、日本舞踊のことを伝えたくて、着物を着るなど・・・。

すべての行動には、意味をつけてください!

いい結果が、出ますように。

白石理央

 

 

 

 

Follow me!

スポンサードリンク