アナウンサーになるために誰もが毎日練習できること!

スポンサードリンク




こんにちは。
フリーアナウンサーの白石理央です。

アナウンサーになるために、
何をすればいいのかなど、ヒントになる情報をブログでお伝えしています。

今日は、アナウンサーに近づくため、
誰もが毎日実践できることを1つ、ご提案します。

参考になるとうれしいです♪

自分の言葉で表現するクセをつける!

誰もが、毎日、必ずすることといえば・・・?

食事です!

朝ご飯、お昼ご飯、夜ご飯・・・

朝ご飯は食べないという方もいるかもしれませんが、
一日、何も食べないという方は、いないですよね?

何ご飯でもいいでです。

おやつでも構いません。

食べた時に、自分がアナウンサーで、テレビの番組に出ていたら、
何て感想言うかなー?と考えてみる。

これは、わたしも新人時代によくやっていました。

もちろん、学生時代は、やっていません。

このブログやレッスンは、
学生時代のアナウンサー試験を受けているわたしにアドバイスするなら?
という視点で書いているので。

ぜひ、学生時代のわたしに伝えたい練習方法です!

自分の好きな食べ物からやってみよう!

と言われても・・・
難しいなー。
ハードルが高いなーと思う方は、
ぜひ、自分の1番好きな食べ物で実践してみてください。

その食べ物がなぜ好きなのか?

突き詰めて考えたことってありますか?

ほとんどの人がないと思います。

味は、どんな言葉で表現するのが適切なのか。

まずは、考えること。

味に向き合うことが大事。

「おいしい」と思って好んで食べているわけですよね?

その「おいしい」の秘密は何なのか?!

今から、徹底的に考えてみましょう。

そして、友達に話すように、自分で実践してみましょう。

そのときのコツは、必ず言葉に出すことです。

心の中で言うは、NGです!

おいしいという4文字は、禁止!

味を表現する際、なるべく使わないでほしいのは、
先ほどから、多用している魔法のワードです。

そう!

禁止ワードは「おいしい」

「おいしい」って言葉の意味、考えたことありますか?

 

広辞苑で引きますと
1:美味である。
2:好ましい。もうけになる。都合がよい。 
と書かれています。

 

実は、これは、新人時代に、上司から言われました。

「白石にとっておいしいものでも、
 おばあちゃんにとっては違うかもしれないよね、
 おいしいの基準って人によって違うから。」

そのときに、初めて「おいしい」について向き合いました。

わたしは、おいしいの基準なんて、考えたことがありませんでした!

でも、よくよく考えてみると確かに、おいしい基準って、人によって違いますよね?

ある人にはおいしいものでも、
ある人にとっては嫌いな味かも?!

だから「おいしい」という表現は、
味を表現できているとは言えないのです。

おいしいを別の言葉に言い換えると?

具体的に、例を出して考えてみると、例えば、甘いもの!

「甘くておいしいです」と言ってしまいがちですが、

甘くて何個でも食べられます。(※ら抜き言葉も注意です!別の記事で書きますね。)

とか、

口の中に甘さが広がって、幸せになれます。

などと「おいしい」を使わずしても「おいしい」気持ちを表現することは可能です。

言い換えてみましょう!

他には、酸っぱいものなら?

「酸っぱくておいしいです。」

と言いたいところを

少し酸味があって、ソースのアクセントになっています。

とか

唾液が奥から出てくるほどの酸っぱさなのですが、クセになります!

などなど。

頭のトレーニングです!

どんどん脳を動かして、自分の表現の幅を広げましょう♪

アナウンサー試験でも食リポあり?

実は、アナウンサー試験で「食リポ」や「想像食リポ」をさせるテレビ局もあります。

試験でいざやることになったら、練習していないとできません。

わざわざ、食リポの練習時間を作って、練習する必要はないです。

普段の生活で、
この味って何て表現するかな?と考えてみるだけで、
思考がクセづくと思いますよ!

日々の積み重ねが、あなたを作ります!

一歩一歩、やるしかない!

あとは、実際のテレビを見て、アナウンサーがどんなコメントをしているか
研究するのもオススメです!

何気なくテレビを見ているだけでは、
流れてしまう言葉も
見方を変えて注意深く見ると、勉強になることがたくさんあります!

一緒に頑張りましょう!

では、早速「あなたの好きな食べ物」について
教えてください。

LINE@へ ♪
お待ちしています!

友だち追加

純粋に、食べ物好きなので、気になります 笑

オススメのお店などあれば、教えてくださいね!

フリーアナウンサー
白石理央

Follow me!

スポンサードリンク