ライフスタイル ロサンゼルス

アメリカ生活で変化したこと:年齢編

投稿日:

こんにちは。
フリーアナウンサーの白石理央です。


今回は、アメリカで生活して、変わったこと。年齢に関する考え方についてです。

これまで、

・アメリカで生活して変わった文化・習慣編
・アメリカで生活して変わった食生活編

アメリカのコスメに関しては、

・ローラさんが紹介していたはちみつパック
・BITEのリップバームでぷるぷる唇になる!

も書いていますので、読んでくださると嬉しいです♪

年齢なんて、ただのナンバー!

アメリカに来てから、このセリフを何十回と聞いていると思います。

これは、わたしの周りの方が、たまたまポジティブな方が多いのかな?

退職後、60代から英語を学びたくて留学に来たというアルゼンチンのご夫婦。

子育てが落ち着いた50代から、これまでとは違う新しい分野に就職したいと、医療の資格の勉強をする女性。

みなさん、自分の信念を持っていて、行動に起こしていて、かなりパワーを感じます!

話していると、目の輝きが違うんですね!

「年齢なんて、ただのナンバー」


日本にいるときは、年を重ねていくのが怖かった。


でも、アメリカに来て、そんな明るい人たちと出会えて、もっともっと挑戦していいんだ!


自由に好きなことをやっていいんだ!というマインドに変わりました。

結婚をしたら、子どもを産んだら・・・

制限が多くなるなーと思っていましたが・・・

そのとき、そのときを楽しみながら、やりたいことは全部やろうと思います!

場所や環境のせいにしない!

パッションのある先輩方に出会えたこと

生き生きとしている人の情熱で心を動かされる経験をしました。
熱量のある人は、周りをも引っ張っていきます。

ぐいっと、引き上げてくれます。

何か悩んでいることがあれば、そんな人に、アドバイスをもらうべきだと思います。

「ついていきたい」と思った人がいたら、その人についていって、真似をしてみましょう。

生き方を。

アメリカで、パッションのある先輩方と出会って、

わたしも、もっともっと未来のアナウンサーを育てたい!と思いました。

誰かを引き上げられる人間になりたい!

自分のできることを自分の使命だと思って、胸を張ってやっている姿がかっこよかった!


そして、自信がオーラになっているから、パッションを持っている人ってみんな見た目年齢が若い!

つまり、情熱をもつことは、いつまでも若くいられる秘訣!

挑戦力は、若さを保つの美容液の役割なんだと思いました。

今の大切さを知る!

今やりたいことは、今やる!


今、挑戦する。
それがとても大切。


尻込みをしないこと。
今の自分の感情に、素直になること。


心に蓋をしない。


自分の声って、聞こえないふりもできるし、無視することもできる・・・

けど、今は、今しかない!!!

誰にも遠慮しなくていい!

今、やりましょう!

わたしもお手伝いします!

あなたの「今」の夢は何ですか?

今日から、1歩、踏み出しましょう♪

フリーアナウンサー
白石理央

Follow me!

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-ライフスタイル, ロサンゼルス

Copyright© リオログ , 2020 All Rights Reserved.